アドビ・イラストレーター無料試用局―ダウンロードなど初心者向けの使い方

トップ イラストレーター無料体験版の使い方 イラストレーターの波線の描き方

イラストレーターの波線の描き方!イラレの自由な~の書き方、均等な~の作り方

イラストレーターの波線の描き方をまとめています。鉛筆ツールを使用した自由な波線の書き方とジグザグを使用した均等な波線など、イラレの波線の描き方を紹介しています。

目次です。

波線とは?波線の意味、読み方

波線は、「はせん」と言ったり、「なみせん」と言いますが、「~~」のような波形にうねった線のことをいいます。 英語でWavy line(ウェービー・ライン)といいます。

資料に貼るイメージを短く省略するときなどに使われます。

イラレの「~」の描き方(書き方、作り方)

資料に貼るイメージを短く省略するときなどに使われる波線(~)をイラストレーターではいろいろな方法で描けます。

以下では、イラレで簡単な「~」を書き方、作り方を見ていきます。

イラストレーターの自由な波線の書き方

まずは、イラレの自由な波線の書き方です。イラストレーターで自由な波線を作るには「鉛筆ツール」をカスタマイズして書きます。

工程1:鉛筆ツールのアイコンを表示

鉛筆ツールのアイコンを表示します。

イラストレーターの自由な波線の書き方―工程1

工程2:鉛筆ツールオプションを設定

鉛筆ツールのアイコンを表示したら、アイコンをダブルクリックして「鉛筆ツールオプション」を表示します。

表示したら、「精度」の値を極限まで滑らかに設定します。設定したら「OK」をクリックして、「鉛筆ツールのオプション」を閉じます。

イラストレーターの自由な波線の書き方―工程2

工程3:鉛筆ツールを使用してフリーハンドで波線を書く

鉛筆ツールをカスタマイズしたら、あとは鉛筆ツールを使用してフリーハンドで波線を書きます。でこぼこなフリーハンドですが、補正されてきれいな波線が表示されます。

イラストレーターの自由な波線の書き方―工程3

工程4:鉛筆ツールを使用した自由な波線の完成

ちょっと癖がありますが、きれいな波線ができました。これはこれで使い道があると思いますが、均等な波線を作りたい場合は以下の方法で作ります。

イラストレーターの自由な波線の書き方―工程4

イラストレーターの均等な波線の作り方

今度はイラレの均等な波線の作り方です。イラストレーターで均等な波線を作るには「効果(C)>パスの変形(D)>ジグザグ(Z)」を使って作ります。

工程1:直線を引く

まずはじめに「直線ツール」で直線を引きます。作った直線のイメージは以下です。

イラストレーターの均等な波線の作り方―工程1

工程2:効果のジグザグを開く

「効果(C)>パスの変形(D)>ジグザグ(Z)」を選択します。

イラストレーターの均等な波線の作り方―工程2

工程3:オプション、ポイントを設定

効果のジグザグを開いたら、ポイントを「滑らかに(S)」にチェックを入れて、プレビューしながら、オプションの「大きさ(Z)」と「折り返し(D)」を好みに調節します。

イラストレーターの均等な波線の作り方―工程3

工程4:OK

調節したら、「OK」をクリックして完了です。

イラストレーターの均等な波線の作り方―工程4

波線の修正

「アピアランス」パレットから再度「ジグザグ」を開いて調節し直せます。

まとめ

プロのイラストレーターはフォントや文字の種類、意味からこだわると聞きましたので、それを目指したいと思いましたので、意味から始め、文字を少し変えてまとめてみました。

少し癖のある自由な波線の書き方として鉛筆ツールを使用する方法、均等な波線の作り方として「効果(C)>パスの変形(D)>ジグザグ(Z)」を使う方法などイラストレーターの波線の描き方を見てみました。

他にもペンツールを使用して描く方法や均等な波線を作って、後で端の形を変形させたり、いろいろあると思います。

資料に貼るイメージを短く省略するときなどに使われる波線(~)ですが、イラストレーターという高度なソフトを使用する場合、いろいろな描き方がありますね。もっと別に独自に考えてみるのもいいかもしれません。

更新履歴

更新履歴です。

戻る

スポンサーリンク

イラストレーター無料体験版の使い方

サイト内のページ

スポンサーリンク