フリーなイラレ試行―体験版、操作方法、イラスト作品など

トップ

スマホやタブレットでも読めるhtmlの絵本

スマホやタブレットでも読めるhtmlの絵本とイラスト素材を掲載しています。すべて無料でご利用いただけます。

もくじ

イラスト素材を使ったイラスト&かわいいキャラクターが登場する絵本です。

スマホやタブレットでも読めるhtmlの絵本とイラスト素材を掲載しています。すべて無料でご利用いただけます。

1. 子ブタのブブ

2. わたげタクシー

3. 木綿豆腐のもめ子

1. 子ブタのブブ

子ブタのブブのイラストです。イラストにつづきのあるお話をつけて、こぶたのイラスト&かわいいキャラクターが登場する絵本のようにまとめています。

第1話 子ブタのブブ

あるとことに、子ブタのブブがおりました。

ブブは穴が大好きです。

あるとき、公園に遊びに行ったところ、○、△、□の3つの穴が開いたフェンス君に会いました。

第2話 フェンス君!その穴入ってもいい?

ブブ:「ねぇ、ねぇ、フェンス君!その穴入ってもいい?」
フェンス君:「どれか一つならね。」
ブブ:「いいの!」
フェンス君:「一つだけね。」

一つだけ。一つだけ。

ブブ:「一つだけ。一つだけ。どれにしようかなぁ。どうしようかなぁ。」
ブブはなかなか決めることができません。

第3話 ブブの一番好きな形にしたら?

フェンス君:「ブブの一番好きな形にしたら?」
ブブは、この一言で、どの穴にするか決めました。
ブブ:「よし!」
ブブは、勢い良く走って穴に飛び込んでいきました。

第4話 ブブは穴にはまってしまいました。

スポッ!!!
ブブは穴にはまってしまいました。

第5話 どうしよ!!

ブブ:「どうしよ!!」
フェンス君:「ふぅっ。」
と、次の瞬間。フェンス君は、大きく手を振り上げてポンッ!!

第6話 穴から抜けられたけど、何か変。

ブブは、ようやく、穴から抜け出せることができました。

ただ、その姿は、何か変。
ブブはきれいな四角い形のブタになったのでした。

2. わたげタクシー

わた毛のタクシーのイラストです。綿毛ののイラスト&かわいいキャラクターが登場する絵本のようにまとめています。

第1話 ふわふわ、わた毛タクシー

ふわっふわっ♪
1年のほんの一時期だけの営業のみ。とても貴重な存在なのが、わた毛タクシーなのです。

第2話 行きたいとこなら、どこへでも

ふわっふわっ♪
「行きたいとこなら、どこへでも♪あなたを乗せて、どこへでも♪」
どこからともなく、陽気な歌が流れてきました。

第3話 ある朝、そんな歌で目覚めたのは

ある朝、そんな歌で目覚めたのは、らびばあちゃんです。
「あら、なんの歌かしら?」
何度も歌が流れてきます。

第4話 らびばあちゃん

らびばあちゃんは歌を聴きながら、いつものように、朝ご飯を食べて、趣味のお裁縫を始めました。
しかし今日は、歌が気になってお裁縫に集中できません。

第5話 あら、お客さんかしら?

すると、トントン、トントン、ドアをノックする音。
「あら、お客さんかしら?」
らびおばあちゃんは、ゆっくり立ち上がり、ゆっくり歩いて、そーっとドアを開けました。

第6話 ドアの外にいたのは

ドアの外にいたのは、、、、。
ふわっ♪

続きはまたいつか。

第1話 ドアを開けて現れたのは

ふわっ!
ドアを開けて現れたのは、わた毛タクシーの運転手さんでした。
運転手さん:「おはようございます。あなたを乗せてどこへでも私がご案内します。」

第2話 らびばあちゃんはビックリ

らびばあちゃんはビックリ!!!
かたまってしまいました。

第3話 どこがよろしいですか?

そしてまた、
運転手さん:「おばあ様、どこがよろしいですか?」と訪ねました。
らびばあちゃんは、しばらく考えてから、行き先を伝えました。

第4話 急いで出かける準備

それから、らびばあちゃんは、急いで出かける準備を始めました。
一番お気に入りのグリーンのドレスを着て、かごの中には、大好きなりんごやおにぎり、お茶と、いろいろ詰め込みました。

第5話 準備できましたわよ。

らびばあちゃん:「お待たせしたわね運転手さん、準備できましたわよ。」
運転手さん:「かしこまりました。あっ、それからおばあ様、傘をお持ち下さい。念のためですから。」
らびばあちゃんは、こんなに青空なのにどうしてかしら、と思いながらも、言われた通りにしました。

第6話 おばあ様出発ですよ

これで準備は完璧です。
すると、ぷわっ♪ぷわっ♪ぷわっ♪運転手さんは、わた毛タクシーに変身!!
運転手さん:「さぁ、おばあ様出発ですよ♪」

続きはまたいつか。

3. 木綿豆腐のもめ子

木綿豆腐のもめ子のイラストです。豆腐のイラスト&かわいいキャラクターが登場する絵本のようにまとめています。

第1話 木綿豆腐のもめ子

はじめまして、木綿豆腐のもめ子ともうします。
めでたく今日、デビューすることになりました。
今回は、第一回目とゆうことで、自己紹介をさせて頂きたいと思います。

私の生まれは、しがない小さな豆腐工場。
両親は、大豆です。それから、私の双子の姉絹ごし豆腐のきぬ子がおります。
ですが、訳あって生まれてすぐに離ればなれになってしまいました。
誰か探してください!!

第2話 持ち上げる時は、そっとね。

はい、第2話目でございます。

残念ながら、まだ2話目なのに、もうこの時が来てしまったのかしら。

もめ子が終わってしまう。。。どうしましょう。。

まだ食べられたくないけど、お願い!!

『私を持ち上げる時は、そっとね。』

(助けて下さい。)

第3回 私と醤油

どうも、前回はとてもハラハラしました。

もう終わってしまうのかと思いましたが、まだ終わりません。

今回は私、少しだけ醤油につかっているところです。
私と醤油っていとこみたいなもんですから、とても相性がいいんですよ。

あぁ、なんだかホッとします。

第4話 両親は、大豆

今回は、私の両親をご紹介致します。

えっ!!これが親なの!?ってビックリするかもしれません。

そう、私と両親は、大豆。カエルとおたまじゃくしぐらい似てないのです。

でも、見て!!!このプリッとしたほっぺは、ママそっくりだし、このつぶらな瞳はパパそっくりでしょ!
まぁ、皆さん細かい事は気にしないで下さい。

では、またね。

更新情報

更新情報です。

  • 2018.06.10 絵本作品のページを作成しました。

戻る

スポンサーリンク

イラストレーター無料体験版の使い方

イラストレーター無料配布作品

サイト内のページ

スポンサーリンク