フリーなイラレ試行―体験版、操作方法、イラスト作品など

トップ イラストの描き方 イラストレーターのボタンの描き方

イラストレーターのボタンの描き方!丸いボタン、四角いボタンの作り方

イラストレーターで作成したボタン素材を掲載しています。また、ボタンの描画方法の例を紹介しています。

目次

この記事の目次です。

1. ボタン素材

2. 丸いボタンの描画手順

3. 四角いボタンの描画手順

1. ボタン素材

ボタンの素材一覧です。 画像をクリックすると大きな画像が見れます。

ボタンその1―中央が浮き出た丸いボタン ボタンその2―中央が沈んでいるボタン ボタンその3―赤色の四角いボタン ボタンその3―青色の四角いボタン

2. 丸いボタンの描画手順

イラストレータを使用して描画する丸いボタンの描画例です。

丸いボタンの完成イメージ

作成手順

100px:100pxで新規画像を作成します。

丸いボタンの描画方法1―新規画像を作成(設定)
丸いボタンの描画方法2―新規画像を表示

長方形ツールのところを長押しして楕円形ツールに切り替えます。

丸いボタンの描画方法3―楕円形ツールに切り替え

画面を選択して、楕円形ダイアログを表示し設定します。

例 幅:100px 高さ:100px

丸いボタンの描画方法4―楕円形ダイアログを表示し設定
丸いボタンの描画方法5―○オブジェクト作成

丸を中央によせて、線を0ptにします。

シンプルな丸いボタンの描画方法6―丸を中央に
シンプルな丸いボタンの描画方法7―線を0ptに
シンプルな丸いボタンの描画方法8―線を0ptにした後

円対してグラデーションを設定します。

シンプルな丸いボタンの描画方法9―円対してグラデーションを設定

丸オブジェクトをコピーアンドペーーストでもう一つ作成し、全面の丸オブジェクトを変形→拡大・縮小で小さくします。

シンプルな丸いボタンの描画方法10―丸オブジェクトをコピーアンドペーースト
シンプルな丸いボタンの描画方法11―変形→拡大・縮小
シンプルな丸いボタンの描画方法12―全面の丸オブジェクトを小さく
シンプルな丸いボタンの描画方法13―全面の丸オブジェクトを小さくした後

後は、適当に切り抜いて大きさを調整すれば完成です。

丸いボタンの描画方法14―適当に切り抜いて大きさを調整

3. 四角いボタンの描画手順

イラストレーターを使用して描画する四角いボタンの描画例を紹介しています。

四角いボタンの完成イメージ

作成手順

100px:100pxで新規画像を作成します。

四角いボタンの描画方法1―新規画像を作成(設定)
四角いボタンの描画方法2―新規画像を表示

長方形ツールに切り替えて、枠線0ptで50pt×50ptの正方形を作成します。

四角いボタンの描画方法3―長方形ツール選択
四角いボタンの描画方法4―長方形設定
四角いボタンの描画方法5―正方形表示

正方形をコピー&ペーストして、4つ作成し、大きな正方形になるように並べます。

シンプルな四角いボタンの描画方法6―正方形をコピー&ペーストして、4つ作成

左上:一番薄い、左下:二番目に薄い、右下:一番濃い、右上:二番目に濃い 色をつけます。

シンプルな四角いボタンの描画方法7―色つけ

すべてのオブジェクトを選択し、変形→回転で-45度回転し、 ダイレクト選択ツールを使用して4つの正方形を三角形にして、4色の小さい正方形にします。

シンプルな四角いボタンの描画方法8―変形→回転
シンプルな四角いボタンの描画方法9―-45度回転
シンプルな四角いボタンの描画方法10―ダイレクト選択ツール
シンプルな四角いボタンの描画方法11―4つの正方形を三角形に
シンプルな四角いボタンの描画方法12―4色の小さい正方形

中央に正方形を作成し、全体のサイズを調整したら作成完了です。

四角いボタンの描画方法13―中央に正方形を作成
四角いボタンの描画方法14―適当に切り抜いて大きさを調整

戻る

イラストレーターとは

イラストレーターの使い方

フォトショップとは

フォトショップの使い方

アドビ関連知識

スポンサーリンク

イラストの描き方

イラスト作品

サイト内のページ

スポンサーリンク