IlustFreeTrial―イラストのフリー素材&ソフト試行方法

トップ 使い方 Illustrator

Illustratorの使い方

Illustratorは、アドビ社のグラフィックス描画アプリケーションです。Illusratorの使い方をまとめています。

▲記事トップへ

目次

この記事の目次です。

1. Illustratorとは
2. インストール
3. メニュー
4. ツールバー

更新履歴

1. Illustratorとは

アドビ社のグラフィックス描画アプリケーションです。 ドローソフトの定番中の定番であり、プロフェッショナルなユーザも多く、解説書も多数出版されているので、 使い方に関する情報を集めるのも比較的ラクです。

画像を点の座標や点を結ぶ曲線の方程式のパラメータなどの形で扱うベクター(ベクトル)グラフィックスを作成・編集するソフトで、 直線や曲線、円などの図形を組み合わせて描画を行ないます。 ベクター形式の画像は図形の集合で表されるため、輪郭の修正などが容易なほか、 解像度によらず高品位な表示が得られるなどのメリットがあります。

イラストレーターは主にプロをターゲットとした製品で、印刷用画像を作成する機能が豊富にそろっています。 ただし、かなり高価なソフトですし、 それなりのマシンリソースがないと快適には使えません。

2. インストール

イラストレーター無料体験版のダウンロードとインストール方法について掲載しています。 インストールには、「Adobe ID」とパスワードを入力してサインインする必要があります。

詳細

3. メニュー

メニューの項目の使い方です。

ファイル

ファイルの項目の使い方です。

新規ドキュメント作成

アドビ・イラストレーター の新規ドキュメントを作成する操作について掲載しています。

詳細

効果

イラストレーターの効果の使い方について見ていきます。

パスの変形

効果の「パスの変形」を使うとパスを変形していろいろなオブジェクトが描けます。

ジグザグ

ジグザグとは「効果>パスの変形」から選択できる「ジグザグ」という機能です。ジグザグを使用することでジグザグの線や均等な波線が描画できます。

詳細

4. ツールバー

ツールバーの項目の使い方です。

ツールバー>選択ツール

選択ツールの使い方です。

アウトライン化の方法

アウトライン化とは、テキストを、パスで構成されたオブジェクトに変換することを言います。 アウトライン化することで、図形として変形したり加工しやすくなります。

イラストレーターのアウトライン化は、①選択ツールでテキストを選択して、②テキストを選択、③右クリックしアウトラインを作成にてアウトライン化が行えます。

イラストレーターのアウトライン化の手順
イラストレーターのアウトライン化の手順
イラストレーターのアウトライン化後のイメージ
イラストレーターのアウトライン化後のイメージ

更新履歴

更新履歴です。

戻る

使い方

スポンサーリンク

描き方

フリー素材

サイト内のページ

スポンサーリンク